グルコサミンはお年寄りの元気の源

母は今年で75歳になります。 まだまだ若いと思っていたのですが、よくよく見ているとやはりだいぶ老けたなぁという気がします。 というのも、数年前と比べて、動きが非常に鈍くなっているのです。 体力が衰えていることもあるのですが、何よりも動きが重いです。 油がきれた機械のような感じです。 色々調べてみたところ、加齢により関節の軟骨がすり減ることにより、そのような現象が起こるということでした。 そこで医者に進められたのが、グルコサミンです。 そりにより軟骨がすり減った軟骨が改善されるということなので、母は現在試しているところです。 まだ劇的な改善は見られませんが、徐々に調子が良くなっているようです。

グルコサミンについて

私は最近関節痛が酷くなってきたように感じています。 それはやはり年齢と共に体内のグルコサミンの量が減ってきている からだと思います。 ですから私は今体内のグルコサミンの量を増やすために グルコサミンのサプリメントを購入して飲んでいます。 そのおかげで早くも私の関節痛は和らいできています。 ですので今関節痛で苦しんでおられる方はグルコサミンの サプリメントを飲まれると良いと思います。 それで私のように関節痛が良くなると思います。

関節痛とグルコサミンの関係

グルコサミンは関節の軟骨を再生させる役割があります。 しかしグルコサミンは加齢や激しい運動により減少していくので 軟骨の再生能力が落ち、徐々に磨り減っていきます。 これが関節痛の原因となります。

減少したグルコサミンを補うのは外部からの摂取になりますが、 普段の食事で摂取できる量は多くありません。 ですのでグルコサミンコンドロイチンサプリの使用をオススメします。

摂取してから効果が出るまで2〜3ヶ月程の時間がかかります。 「サプリメントを服用しているのに治らない」と言って摂取するのをやめずに、長く続けてください。